ファッションデザイン学科

素材づくりからマーケティングまで、ファッションの流れを知る。

「ファッション」にまつわる、ものづくりのあらゆる分野の知識、技術、そして最新の情報が集まっています。自分が目指す方向や進路に必要なものが何であるかを、専門家である教員と相談しながら選択し、段階的に学んでいきます。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

学科の履修科目には基本的に履修モデルがあり、その学年からしか受講できない科目があります。
しかし、その組み合わせはあなた次第です。効果的に実力が身につくように計画を立てましょう。

curriculum_fd_16

  ファッションデザイン テキスタイルデザイン ファッション企画
ファッションデザイン学科全員必修授業 ファッションデザイン実習A 【1年前期】
 

シルクスクリーンのTシャツ制作
シルクスクリーンの技法を習得するとともに自らのイメージをデザイン化する方法を学びます。

和の再発見「NEO“和”goods」
日本の伝統的な素材や技法などを見直し、新しい解釈を加えて現代にマッチするファッションアイテムをデザインします。

ファッションデザイン実習B 【1年後期】

デザインワーク基礎
デザインワークに集中しデザイン発想のプロセスを理解します。

植物柄のバンダナ制作
自然の形をよく観察し、技法に合わせたデザインへの展開を試みます。

 
ファッションデザイン実習C 【2年前期】

デザインをブラッシュアップし形にする
アイテム制作へ向けたデザインのブラッシュアップとその実制作による作品制作を経験します。

 

減災ファッション「いつも、もしも…」
災害時にも便利なアイテムの制作。災害に立ち向うためのデザインを考えることでデザインの役割を認識します。

コースを選択する必修授業 演習Ⅰ 【2年後期】

デザインソースからの発想
テーマやアイデアの考察、デザイン展開、作品制作ができる力を身につけます。

原毛フェルト・ニット・フェルト・絞染め
フェルトおよび絞り染めの基本的な技法を学びます。

ビジネスモデルの構築
既存のブランド(組織)に自分が入社した設定でブランディングの工程を学びます。

演習Ⅱ 【3年前期】

産業と連携したデザイン展開
ファッションを産業においてアパレルメーカーやセレクトショップに向けての顧客をターゲットにデザインをする力を身につけることを目的とします。

ジャガード編みのクッション制作・プリント風呂敷の企画・織のマフラー制作
編み(ニット機)・織(織機)・染(捺染)の基本を学びます。風呂敷では商品企画をグループで提案します。

新しいマーケットをつくる「商品企画」
時代性をとらえたライフスタイルの提案。「企画」「制作」「提案」の応用力を身につけます。

演習Ⅲ 【3年後期】
オリジナルコンセプトによるデザイン提案
作品制作とポートフォリオ制作を目的とし、これまで習得した思考、技術を応用し、さらに向上させます。

素材と表現・リサーチとプレゼンテーション
生活を彩るテキスタイルをテーマに、繊維に限らず幅広く素材を加工し表現する方法を学びます。

ファッション産業におけるブランディング
マーケットの可能性を考えたものづくり、ファッション産業と地場産業の現場調査と今後の発展に向けての企画提案を考えます。

上に戻る