環境デザイン学科

アートと技術の総合的バランスを重視した、実践的な講義と実習。

環境デザイン学科では、「まちづくりコース」「ランドスケープコース」「建築コース」「リノベーションコース」の4つの専門コースを設置しています。より豊かで快適な環境の実現をめざし、人々の生活の舞台となる空間のすべてを総合的にデザインする思想と手法の構築に取り組んでいきます。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_ed_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

環境デザインを追及するための基礎づくり

環境デザインに関する基本的な知識、考え方、技術を幅広く習得。2年次以降の学びに不可欠な基礎を固めます。

身につくチカラ

・造形力、デッサン力
・CADの使い方
・基礎的な図面の描き方
・建物や街の観察の仕方
・コンピューターの使い方
・模型のつくり方

科目

学科共通科目
・環境デザインとはⅠ・Ⅱ
・建物のしくみ
・近代建築の歴史
・ランドスケープデザインの歴史
・環境デザイン基礎演習Ⅰ・Ⅱ
・CAD基礎演習
特別科目
・フレッシュマンセミナー
・環境デザイン特別講義

上に戻る

2年次

幅広く専門的な領域と向き合う

「まちづくり」や「建築」といった専門分野と関連のある授業を多数用意。各分野のデザインを学ぶ実習が本格的に始まります。

身につくチカラ

・簡単な建物の設計方法
・模型を使って考える力
・広場や公園の設計方法
・建築構造を理解する力
・住宅図面の描き方
・熱、光、空気をとらえる力

科目

学科共通科目
・日本建築の歴史
・西洋建築の歴史
・力の流れと安全
・建築構造入門
・建築空間のデザイン
・都市空間のデザイン
・ランドスケープ空間のデザイン
・照明デザイン
・建築と熱•光•空気のデザイン
・CAD応用演習
・環境デザイン実習Ⅰ・Ⅱ
・福祉住環境論
特別科目
・環境デザイン特別講義

上に戻る

3年次

高度な課題に集中して取り組む

後期からコース別に分かれた学習が始まります。各専門領域に特化した実習と演習に取り組み、より高度な知識と技術を習得します。

身につくチカラ

・専門性の高い図面表現力
・デザインと歴史文化を結びつける力
・公共性の高い建物の設計方法
・社会的な問題を発見する力
・都市空間の調査分析方法
・総合的な課題への取り組み方

科目

学科共通科目
・建築と法規
・まちづくりのしくみ
・住居・集落・街
・ランドスケープのプランニング
・環境制御の技術
・施工の技術
・コミュニティのデザイン
・インテリア空間のデザイン
・リノベーションの理論と実践
・構造デザインの実践手法
・環境測定ワークショップ
・構造・材料ワークショップ
・現境デザイン実習Ⅲ
・照明デザイン
コース専門科目
・リノベーション総合実習
・建築総合実習
・ランドスケープ総合実習
・まちづくり総合実習
特別科目
・環境デザイン特別講義

上に戻る

4年次

研究活動に専心し、卒業後に繋げる

ゼミで教員からの個別指導を受けながら、卒業研究(卒業論文+卒業制作)に挑みます。4年間の学びを集大成し、その成果を形にする作業です。

身につくチカラ

・論文を書く力
・多様な人々と一緒に考える力
・企画提案する力
・デザインの実践手法
・高度なプレゼンテーション技法
・現代社会の課題を解決する力
コース専門科目
・環境デザインプロジェクトA・B・C
特別科目
・環境デザイン特別講義
・卒業研究

上に戻る