『KOBEにさんがろくプロジェクト』神戸芸術工科大学 準グランプリ受賞!

食都神戸の魅力を発信する食都神戸2020『KOBEにさんがろくプロジェクト』 「外国人観光客(インバウンド)の商品・サービス」をテーマにした平成29年度の受賞作品が決定し、神戸芸術工科大学有志チーム「HipaHipa」が準グランプリを受賞しました。
プレスリリース(外部リンク:PRタイムス)

「KOBEにさんがろくプロジェクト」とは?

野菜・果物・米・花・肉・海苔…。これらの神戸産農水産物の魅力を多くの方に伝えるために、神戸産水産物を素材に若者と企業と農漁業者の連携により新たな『ものづくり』と『ネットワークづくり』をすすめるのが「KOBE“にさんがろく”PROJECT」です。

受賞チームについて

チーム名:HipaHipa
協力企業:株式会社アトラステクノサービス
協力農業者:秋定 友八さん
テーマ:日本の食文化に触れてもらえるような神戸野菜のふりかけ
商品名:ベジフリ
内容:欧米の観光客をターゲットとした、野菜のふりかけ。神戸産の野菜と真空フライヤー技術を有する神戸企業とのコラボレーションです。ふりかけとして食べるだけでなく、おかゆやパスタなど、他の料理との相性も抜群!見た目もインスタ映えするカラフルな色彩で、外国人観光客をターゲットにしたお土産にも最適です!

◆関連リンク
食都神戸2020ホームページ http://www.gastropoliskobe.org/ja/
KOBEにさんがろくPROJECTホームページ http://kobe-nisangaroku.jp/
KOBEにさんがろくPROJECT facebookページ http://www.facebook.com/kobe.nisangaroku.prj