映像表現学科特別講義(講師:尾上克郎氏)開催のお知らせ

映像表現学科では、特撮監督、監督、VFXスーパーバイザーとして活躍される尾上克郎氏をお招きし、特別講義を開催いたします。
学外の方も聴講いただけますので、是非ご来場ください。

近年では「シン・ゴジラ」(16/准監督・特技総括)や
「進撃の巨人」(15/特撮監督) 、
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(12/アニメーション・マテリアル)、
現在NHKで放送中の『精霊の守り人 最終章』等を手がけられています。
下記、特別講義の計画内容についてです。

開催日時:2017年12月13日(水) 16:20~19:30
開催場所:神戸芸術工科大学 吉武記念ホール
参加方法:申込不要・聴講無料

特別講師プロフィール

尾上 克郎(おのうえ かつろう)特撮監督・株式会社特撮研究所専務取締役
1960年鹿児島県出身。映画、コンサートを中心に美術、装飾、特殊効果マンとして活躍。
1982年の映画『爆裂都市 BURST
CITY』で美術スタッフとして映画キャリアをスタートした。

<主な参加作品>
『陰陽師II』(03)、『ローレライ』(05/監督補)、『戦国自衛隊1549』(05)、
『日本沈没』(06/特技総括)、『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』
『西遊記』(07)、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』(08/セカンドユニット監督)、
『私は貝になりたい』(08)、『のぼうの城』(12)、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
(12/アニメーション・マテリアル)、『巨神兵東京に現わる劇場版』(12/特技総括)、
『進撃の巨人』(15/特撮監督) 杉原千畝(15/セカンドユニット監督)
『シン・ゴジラ』(16/准監督・特技総括)、『精霊の守り人 最終章』(17)