NEWS

神戸淡路鳴門道全通20周年シンボルマークを本学学生がデザインしました(ビジュアルデザイン学科)

2017年11月27日 産官学連携 ビジュアルデザイン学科 メディア掲載 社会連携 学生活動

本州と兵庫県の淡路島、四国をつなぐ神戸淡路鳴門自動車道が、来年4月に全通20周年を迎えるのを前に、PR活動などに使う記念シンボルマークが制作されました。

シンボルマークの制作はビジュアルデザイン学科に依頼があり、20案の中から同学科3年生橋本果歩さんのデザインが採用されました。

デザインは、明石海峡大橋と大鳴門橋をモチーフに、渦潮をイメージした「20」の数字が中央に配置されています。