戸田ツトム教授「TZTOM TODA -Editorial Design-」

ビジュアルデザイン学科において、現代デザイン界に厳然たる軌跡を刻んでこられたグラフィックデザイナー戸田ツトム教授の展覧会を開催いたします。

ビジュアルデザイン学科は、2006年に視覚情報デザイン学科からの改組により出発しました。以降、12年にわたり数多くの学生達の指導にあたり、学科の姿勢・方向性を牽引されてきました、戸田ツトム教授の初期から直近のデザインワークを、自身のセレクション/アートディレクションにより展覧いたします。故寺山修司氏の率いた演劇実験室 天井桟敷の公演ポスター、数々の書籍のエディトリアルデザインを展示いたします。それぞれの「時」を経て振動を開始したデザインワークが、いまなおその鳴動を発しつづける様を、本学ギャラリーセレンディップの時空間において、直に体験いただくことができます。

是非、ご高覧ください。

ビジュアルデザイン学科2017年度企画展示「TZTOM TODA -Editorial Design-」

日 時:2017年10月31日(火)~11月10日(金)11:00~18:00(最終日16:00 まで)
※休館日11月3日(金)・5日(日)
会 場:神戸芸術工科大学 内 ギャラリー・セレンディップ
〒651-2196 神戸市西区学園西町8-1-1
申込不要・入場無料
主 催:神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科


Art Director :戸田ツトム
Producer   :寺門孝之
Director :濱浦恵美子
Coordinator :今垣知沙子/坂田玲央

戸田ツトム 略歴

1951年東京都生まれ。グラフィックデザイナー。エディトリアルデザインを中心に活動し、現代思想書をはじめとする造本装幀多数。1989年『森の書物』の刊行によりDTPの可能性をいち早く国内外に示した。そのほか、ハイビジョン映像やデジタルコンテンツの制作、新聞・雑誌のアートディレクションなども多く手掛ける。神戸芸術工科大学教授。著書『断層図鑑』(北宋社)、『庭園都市』(どうぶつ社)、『D-ZONE エディトリアルデザイン1975-1999』(青土社)、『電子思考へ…』(日本経済新聞社)、『陰影論』(青土社)ほか。