公開ワークショップ「記憶をデザインする」開催のお知らせ(インタラクションデザインコース)

7月22日~26日の期間に、客員教授のアルフレッド・バーンバウム先生をお招きして「記憶をデザインする」の公開ワークショップをクリエイティブセンター2階・3202スタジオで開催します。
参加は自由ですので、希望学生は初日に必ず出席してください。

内容

わたしたちの言語や生活様式を全く理解しないであろう遠い未来の人々に対して、どのようにコミュニケーションが可能だろうか?
たとえば世界各所に埋められた放射性廃棄物の危険性を、1万年先の人々にどのように警告することができるだろうか?
動物や地球外生命体の存在に対してどうすれば大切なメッセージを伝えることができるだろう?
このワークショップではまず最初にディスカッションをおこない、「記憶装置」や「耐久性の戦略」のいろいろな仕組み、過去と現在にわたる成功例と失敗例を全員で検証します。そして、個別またはグループで作業し、時空を越えて意義あるメッセージを伝える巧妙な方法を提案します。
10月にはデザインプロセスの一部を示すアイテムの展示をおこないます。
このワークショップは未来の歴史にあなたの足跡を残すチャンスです!

主催

インタラクションデザインコース