映像表現学科映画コース学生が「大学連携による映画人育成のための上映会 S.T.E.P」に参加しました

本学映像表現学科映画コースの学生が2016年3月13日(日)~18日(金)の間開催されたイベント「大学連携による映画人育成のための上映会 S.T.E.P(主催:文化庁、日本大学)」に参加し、で映像作品「ゆらゆら家族」を上映しました。

当上映会は、文化庁の委託事業として映画教育に携わる大学及び大学院により組織された全国映画教育協議会が一丸となり、若手映画人の育成を目的として開催されました。
将来の映画界を担う才能を広く認知していただき、優れた若手映画人を送り出す第一歩になるようにと思いが込められています。
本学からは、今年度は16校の中の1校として「ゆらゆら家族」を育成対象者・作品の推薦をしています。
大学連携による映画人育成のための上映会 S.T.E.P

ゆらゆら家族(予告編)

〔スタッフ〕
製作・脚本・監督・音楽・編集/松尾巧
撮影/津田翔志朗
照明/梁禎祐
録音/有山知里
小道具/門前咲良
助監督/巻野恭武
制作担当/山田亮汰郎

〔キャスト〕
古賀遥菜
上田裕子
栗野直樹
松尾直樹
河原基晴

〔ストーリー〕
母子家庭のミズキは突然、同級生から告白される。
家に帰ると、母は男と電話でイチャついている。
『あたしもこげんなってしまう!』
家を飛び出しミズキは小さな旅に出た。