学部入試ポイント

各種支援制度の変更点及び新たな制度について

神戸芸術工科大学では、よりよい入試制度づくりのため、入試結果をふまえ、さまざまな角度から入試内容を検討、常に入試制度の改善に取り組んでいます。今年度は、以下の点を変更しています。よりチャンスを広げるためにも、参考にしてください。

2018年度入試のポイント

AO入学試験(前期)

ファッションデザイン学科の試験日程が2日間から1日になりました。

推薦入学試験(前期)

ファッションデザイン学科の試験科目に新たに「持参作品」を追加しました。

推薦入学試験(後期)・一般入学試験(後期)

ファッションデザイン学科の試験科目に新たに「自己PR書」を追加しました。

大学入試センター試験利用入学試験

合否判定で使用する教科・科目数を変更しました。
センター試験で3教科3科目以上の受験を条件とし、最高得点の1教科1科目で合否判定します。

特待生制度

新入生特待生

大学入試センター試験利用入学試験(後期)

特待生制度が新たに設けられ、特待生認定のチャンスが拡大しました。

資格特待生

資格推薦入学試験(I・II)

ジュニアマイスター特待生の初年度給付額が増額します。(初年度のみ給付)

スカラシップ試験がスタートします

本学では、学生の就学を支援することを目的とした様々な奨学金・特待生制度を設けています。
2018年度入学手続き完了者を対象に、成績上位者に奨学金を給付するスカラシップ試験を新たに設けました。

詳細はこちらをご覧ください。