入試Q&A

AO入学試験Q&A

エントリー・出願について

Q. AO入試はどんな入試ですか?
A. 教員と受験生とのコミュニケーションを重視した受験生の学習意欲や可能性等をさまざまな角度から積極的に評価しようとする入試です。
Q. エントリー時にコース選択は必要ですか?
A. 映像表現学科のみ、コースを選択してください。
その他の学科は、エントリー・出願時にコースの選択は必要ありません。
Q. エントリー後の志望学科やコースの変更は可能ですか?
A. エントリー後の志望学科・コースの変更は認めていません。
Q. AO入試のエントリー資格・出願資格には「本学専願の者」とありますが、どの時点で専願となるのでしょうか?
A.「出願認定者発表」後、出願する時点から専願になります。他大学との併願はできません。
Q. エントリーに検定料は必要ですか?
A. エントリーに検定料は必要ありません。
ただし、出願認定者発表後の出願時には検定料(35,000円)が必要になります。

試験について

Q. 試験当日のスケジュール(集合時間、終了時間)を教えてください。
A. こちら(PDF)に試験当日のスケジュールや持参物等を記載しています。
Q. AO入試(前期)の体験プログラムは必ず2日間出席しなくてはいけませんか?
A. AO入試(前期)にエントリーされた受験生の皆さんは、2日間の体験プログラムの参加と面談への出席が必要です。
ただし、環境デザイン学科は、選択するプログラムの実施日にのみ出席してください(両方のプログラムには出席できません)。また、ファッションデザイン学科は1日のみの実施となります。
欠席の場合はエントリーを辞退したことになりますので注意してください。
体験プログラムについてはこちら(PDF)を参考にしてください。
Q. 持参作品で映像作品を持参することは可能ですか?
A. 可能ですが、映像作品を持参する際にはその作品を再生する機器もご自身で持参してください。
Q. AO入試(前期)で「出願否認定」となった場合、AO入試(後期)やその他の入学試験は受験できますか?
A. AO入試(前期)の結果は他の入学試験には影響しません。
各入学試験の出願資格を満たしていればエントリー・出願が可能です。
Q. 調査書はいつ郵送すればいいですか?
A. 下記をご確認ください。試験区分によって送付時期が違いますので注意してください。
前期:2017年9月1日(金)~9月14日(木)【当日消印有効】 ※入学手続期間に入学手続書類と一緒に送付してください。
後期:2017年10月6日(金)~10月13日(金)【当日消印有効】 ※出願期間に出願書類と一緒に送付してください。
Q. 入学準備プログラムの「登校プログラム」には必ず参加しなくてはいけませんか?
A. 学校行事などで都合がつかない場合や、遠方居住等の理由により参加が困難な場合は別途対応しますので、事前にご相談ください。

その他

Q. 付添者も試験会場に入れますか?
A. 受験生の付添者が試験会場に入ることは認めていません。付添者の方の控室がありますので、そちらでお待ちください。控室の場所は当日受付でご案内いたします。

 

入学試験Q&A

出願について

Q. 出願書類を持参してもいいですか?
A. 基本的にはすべて簡易書留速達郵便で提出してください。
ただし、各入試の出願期間締切日の翌日(日・祝除く)のみ窓口への持参が可能です。(受付時間:9:00~17:00)こちらをご確認ください。
AO入学試験(前期・後期)は除きます。
Q. 出願時にコース選択は必要ですか?
A. 映像表現学科のみ、コースを選択してください。
Q. 出願後の変更はできますか?
A. 出願後の志望学科、選択科目の追加・変更はできませんので、よく考えて出願してください。
Q. 同じ学科を受験する場合は2科目以上受験した方が有利ですか?
A. 有利不利はありませんが、科目ごとに別々に評価をしますので、2科目以上受験した方が合格する可能性は広がります。また、一方の科目の点数が悪かったからといって、もう一方の科目への影響はありません。
合否の判定は得点の高い科目を採用します。

試験について

Q. 学科間併願はできますか?
A. 推薦入学試験、一般入学試験、大学入試センター試験利用入学試験では多様な併願方法があります。
学部入試制度のページを参照してください。
※ただし、資格推薦入試 Ⅰ・Ⅱ、留学生、帰国生、社会人入試、編・転入試 Ⅰ~Ⅳは、他学科併願はできません。
Q. 他大学との併願はできますか?
A. 資格推薦入試Ⅰ・Ⅱ、推薦入試(前期・後期)、一般入試(前期・後期)、大学入試センター試験利用入試(前期・後期)で可能です。

Q. 試験当日は制服で行った方が良いのでしょうか?
A. 服装の指定はありませんので、制服でも私服でも問題ありません。
Q. 携帯電話やPHSを時計として使用することができますか?
A. できません。試験室入室後は電源を切ってかばんの中に入れていただきます。
試験室に時計がない場合もありますので、腕時計(通信機能、計算機能がないもの)等を各自で持参してください。
Q. 身体に障がいがある場合、特別な措置はお願いできますか?
A. 可能な範囲で配慮しますので出願開始の1ヵ月前までにご相談ください。

合否発表について

Q. 合格発表は、どのように行われるのでしょうか?
A. 合否の通知は、本人宛に速達で郵送します(郵便事情により遅れることがあります)。電話での問い合わせ、学内掲示、ホームページの掲載は行っておりません。

その他

Q. 試験日前日に試験会場の下見はできますか?
A. 学内に入ることはできませんので、本学へのアクセス等を事前に確認されることをおすすめします。
Q. 付添者も試験会場に入れますか?
A. 受験生の付添者が試験会場に入ることは認めていません。付添者の方の控室がありますので、そちらでお待ちください。控室の場所は当日受付でご案内いたします。
Q. 受験時の宿泊先の斡旋は行っていますか?
A. 試験験区分によっては受験生無料宿泊サービスがあります。細はこちらをご参照ください。
Q. 学生寮はありますか?
A. 本学学生専用マンションがあります。また、下宿生活を始める方に対する下宿準備サポート制度もあります。詳細はこちらをご参照ください。
学科別ガイド