そもそも学科の設備はどうなの? 新年明けましておめでとうございます 芦屋見学 日本橋の家に!!! 京都ランドスケープデザイン展 柳々堂書店 岡山県美観地区 Under 35 Architects exhibition ミキシル2017始動! 瀬戸内芸術祭 建築新人戦!!!!!! NEW 庁舎に行ってきた!! 夏休みワークショップ

Student's Report
特派員だより

Monthly Archives

Members

Activities

実習・講義
特派員だより2016

ランドスケープ発表会

Update: 2016/07/15 @2年生特派員(,

こんにちは!

少し更新が遅くなってしまいました。2年生特派員のりか。とのんです。

私たち二年生は、環境デザイン実習という授業で6月末からランドスケープデザインの課題に追われています。

そして、その課題の中間発表会が先週の火曜日に行われました。

写真のように周辺模型の対象敷地に各自が作った模型を置き、全員の前に立って発表を行うというものです。

20160712-landscape1.JPG

対象敷地は、神戸の人にはおなじみのパイ山(さんきたアモーレ広場)。

そこに、各々が思い描く広場を作り上げていきます。

中間発表会を通して、同級生たちの作品や先生の講評から更により良いものにしていくことが目標です。

20160712-landscape2.jpg

発表会ではA1用紙3枚が貼られたパネルの前に立ち、持ち時間1分でアピールポイントや目指したことなどを話します。

この時、模型は全員に見えるようにスクリーンに映し出されています。

20160712-landscape3.jpg

そして、発表を終えると、先生3人による講評が始まります。

20160712-landscape4.jpg

ここは直した方がいい、ここはいいから更によくしていこう、誰々っていうランドスケープデザイナーの作品を参考にしたらいいよ...などなど。

後日の授業からは8月にある最終講評会に向けて、発表会で指摘された点を改善した作品を先生に見せて、また話を聞いて直すという作業を繰り返します。

自分では、改善するたびに新たに問題点が増えたりして困ってしまうのですが、先生に相談することで目から鱗のような提案がされるので、本当に驚きます。

さて、それでは今回の記事はこれぐらいにして、最終講評会での様子は次回の記事更新で行います!

 

特派員だより2016