» 最終講評会

【青木淳賞最優秀】牧野正幸:cat's cradle

2010年12月14日 19:30【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞最優秀】
cat's cradle
牧野正幸 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年
004makino_final.jpg

【青木淳賞優秀】山田圭誠:古墳についての5つのこと

2010年12月14日 19:00【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞優秀】
古墳についての5つのこと
山田圭誠 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
035yamada_final.jpg

【青木淳賞優秀】吉村雄史:プール / Pool

2010年12月14日 18:30【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞優秀】
プール / Pool
吉村雄史 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 1年
051yoshimura_final.jpg

【青木淳賞優秀】近藤綾乃:月灯り

2010年12月14日 18:00【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞優秀】
月灯り
近藤綾乃 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
084kondou_final.jpg

【青木淳賞佳作】山神達彦:誰かがいる / 誰もいない

2010年12月14日 17:30【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞佳作】
誰かがいる / 誰もいない
山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
006yamagami_final.jpg

【青木淳賞佳作】西口冬悟:僕と透明人間の家

2010年12月14日 17:00【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞佳作】
僕と透明人間の家
西口冬悟 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
027nishiguchi_final.jpg

【青木淳賞佳作】包怡萱:PHONE BOOTH

2010年12月14日 16:30【最終講評会, 入賞作品

PHONE BOOTH
包怡萱 京都大学大学院 工学研究科建築学専攻 1年
042bao_final.jpg

【青木淳賞佳作】伊藤智哉:あちら側の風景

2010年12月14日 16:00【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞佳作】
あちら側の風景
伊藤智哉 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイナー専攻  1年
061itou_final.jpg

【青木淳賞佳作】佐藤晋平:階段のつくる風景

2010年12月14日 15:30【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞佳作】
階段のつくる風景
佐藤晋平 芝浦工業大学 建築学科 4年
070satou_final.jpg

【青木淳賞佳作】磯谷康訓:AFTER SUN SET

2010年12月14日 15:00【最終講評会, 入賞作品

【青木淳賞佳作】
AFTER SUN SET
磯谷康訓 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
095isogai_final.jpg

入賞作品決定&入賞作品展の開催(〜12/17)

2010年12月12日 21:46【お知らせ, 最終講評会

12月11日に行われた最終講評会にて、今年度の入賞作品が決定しました。
近日中に入賞作品の最終パネル画像も本サイトにて公表します。
入賞作品は、本学セレンディップギャラリーにて、12月17日(金)まで展示しています。
こちらでは提出された模型も合わせてみることが出来ますので、ぜひ足をお運びください。

オープンスタジオ2010 入賞作品一覧
全作品を見るにはコチラから

■青木淳賞最優秀
牧野正幸 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年

■青木淳賞優秀
山田圭誠 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
吉村雄史 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 1年
近藤綾乃 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年

■青木淳賞佳作
山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
西口冬悟 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
包怡萱 京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻 1年
伊藤智哉 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
佐藤晋平 芝浦工業大学 建築学科 4年
磯谷康訓 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年

オープンスタジオ2010 入賞作品展
期間:2010年12月13日(月)〜17日(金) 9:00〜18:00(17日のみ16:00まで)
場所:神戸芸術工科大学 ギャラリーセレンディップ
アクセス方法

最終講評会のお知らせ

2010年12月 6日 16:29【お知らせ, 最終講評会

遅くなりましたが、最終講評会のプログラムです。
誰でも聴講自由ですので、ぜひ足を運んでください。

神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科オープンスタジオ2010

「青木淳と建築を考える」最終講評会 プログラム

2010年12月11日(土)13:00〜 環境・建築デザイン学科棟2F講義室/5201教室

■プログラム
13:00 - 13:10 :はじめに
13:10 - 14:30 :前半プレゼンテーション(1人5分)&講評
 「cat's cradle」
 牧野正幸  神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年
 「誰かがいる / 誰もいない」
 山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
 「僕と透明人間の家」
 西口冬悟 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
 「古墳についての5つのこと」
 山田圭誠 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
 「PHONE BOOTH」
 包怡萱 京都大学大学院 工学研究科 建築学専攻 1年

14:30 - 14:40 :休憩
14:40 - 16:00 :後半プレゼンテーション(1人5分)&講評
 「プール / Pool」
 吉村雄史 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 1年
 「異なるところ」
 伊藤智哉 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイナー専攻 1年
 「階段のつくる風景」
 佐藤晋平 芝浦工業大学 建築学科 4年
 「月灯り」
 近藤綾乃 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
 「589nm」
 磯谷康訓 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年

16:00 - 16:20 :全体講評
16:20 - 16:50 :休憩
16:50 - 17:00 :表彰式(5201教室)
17:00 - 18:00 :懇親会(5201教室)
 この後ギャラリーセレンディップにて、最終講評対象作品の展示会を予定しています(12月17日まで)。

優秀作品の発表

2010年11月 3日 23:00【お知らせ, 最終講評会

最終講評対象10作品が青木教授によって決定されました。
選ばれた作品は次の通りです。
全ての作品を見る場合はコチラをご覧下さい。

各作品には、青木教授からの講評がついています。
これを出発点として、選抜者と青木教授、花田教授とのやり取りを開始します。
対象者のみなさんは、青木教授からの講評を読んで必ずコメントを投稿するようにし
てください。

これらの選ばれた10作品は、12月11日(土)に行なわれる最終講評会での講評対象作品
となります。
これから1ヶ月かけてさらにブラッシュアップし、最終講評会で発表して下さい。

青木教授から選考基準について次のようなコメントも届きました。
まずはここから読み始めて下さい。

「応募案からどんな基準で10作品を選んだかと言いますと、
1.ある特定の具体的な風景に向かい合っているか、
2.その風景から感じているものを、設計を進めるとき、いつもその風景に帰って考えながら、感じながらできそうか、
という2つです。
というのも、今後、それぞれの人に、その風景が、どういう感覚を与えるものであり、また、それを「舞台」としたとき、どんなシーンを想像できるか、聞いてみたいからです。
そこで、10作品の発表の期に、各作品について、ぼくが、どこに興味をもったかをコメントしましょう。」

なお、他の応募作品も、追って画像のみ掲載します。

【最終講評対象者一覧(登録番号順)】
牧野正幸 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年
山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
西口冬悟 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
山田圭誠 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
包怡萱 京都大学大学院 工学研究科建築学専攻 1年
吉村雄史 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 1年
伊藤智哉 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
佐藤晋平 芝浦工業大学 建築学科 4年
近藤綾乃 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年
磯谷康訓 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイン専攻 1年

牧野正幸:cat's cradle

2010年11月 3日 22:30【最終講評会, 最終講評対象作品

cat's cradle
牧野正幸 神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 2年

004makino.jpg
【講評】
単なる「交差点」ではなく、地形の起伏があることで、シークエンシャルな体験を与える場所としての「交差点」を見つけてきました。時間を含んだ風景ということがおもしろい。

山神達彦:誰かがいる / 誰もいない

2010年11月 3日 22:00【最終講評会, 最終講評対象作品

誰かがいる / 誰もいない
山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年

006yamagami.jpg
【講評】
シャッター街に感じられる、ある独特のザラザラとした、ちょっと怖い感覚が、スケッチからもうっすら感じられました。どんな感覚が、なぜそこにあるのか、しっかり見ていけばおもしろくなりそう。

 1 |  2 | ALL