» 2010年8月

対話編10 花→青 07

2010年8月29日 13:40【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。
お待ちしてました。
僕だけがごちゃごちゃ書いていたので、青木君のすっきりした言葉の登場に、救われた学生諸君もいるのではないかな(笑)。

ところで、日土小学校のことから書き始めてくれてありがとう。
改修後の日土小学校を青木君が見たのが去年の10月末。
あのとき青木君は、「<抽象>には到らない丁寧さ」として日土小学校の空間の質を読み取ってくれて、僕は納得するとともに、建築家の眼の鋭さに感心をしたのでした。

「風景から建築へ」という今回の課題を考える上で、僕も日土小学校のことは気になっていました。まさにあそこには、さまざまな「風景」が「建築」化されていると思うからです。

ところで、僕の前回の投稿を読み返していて、ああそうだと思ったので最後のところに少し追記しました。それは以下の通りです。

【つまり、「風景」をどこかからもってくるのではなく、「風景」と「建築」を、若干のタイムラグを置きながらも(前者が後者より少しだけ先)、ほぼ同時に、自分の頭の中で構築しているすごさ、ということです。】

「風景から建築へ」という言葉を頭の中で転がしていて、第一便からずっと気になっていたのが、それと文脈主義・コンテクスチュアリズムとの関係でした。とりあげた事例や貼った写真で想像がつくと思います。

で、上記の追記を思いついた瞬間、「ああそうか。こう考えれば文脈主義・コンテクスチュアリズムとは違ってくるんだ」と思ったのでした。つまり、誰かのつくった「風景」を借りてくるのではなく、「風景」も「建築」と同時に自分でつくる、ということですね。

日土小学校の魅力も、そういうことなんじゃないかと思うんです。
両側のみかん山や川という自然の「風景」に融合するのではなく、そういったものと一体になったメタレベルの「風景」が松村さんの中で構築されていて、それを成り立たせるように「建築」が生まれている。少なくともそういう解釈が可能になる。
博士論文では「自己参照的メカニズム」と呼んだ構造ですが、それは「風景の自己生産」とも言えるんだと思ったわけです。

自分の研究に引き寄せた話で恐縮だけど、とても納得できた次第です。

あ、それと、青木君の作品もそうなんだとも思いました。たとえば「原っぱという風景」を「建築」でつくっているんだ、と。

hizuchi.jpg

対話編10 青→花 06

2010年8月29日 11:06【青木淳×花田佳明 対話

花田くん

あっと言う間に、約束の3年の、最後の年を迎えました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

花田くんは、この夏休みも、日土小学校での「夏の建築学校」だったのですね。
花田くんのサイトで、その旅行の写真を見て、ぼくは今、あの小学校にあった空気を思い出しています。
どこの学校にも、昇降口があって、教室があって、廊下があって、便所があって、と、まあ、だいたい同じようなものからできているわけですけれど、日土小学校の昇降口や廊下や教室や便所や、その空間のどこをとっても独特の風情をもっていることに、まずは驚かされたものです。それで、ぼくは、具体的にどこからそういう風情が出てくるのかな、と思いながら、なかを歩き回ったわけです。もちろん、サイズとかプロポーションが大きな決め手になっていました。でもそれと同じくらいにまた、細かいディテールも大切なものでしたね。真壁の、その露出する柱や梁のコーナーが面取りされていて、その分だけ壁が凹んでいたり。

そうして、日土小学校は、たとえば廊下という、ぼくらがごくごく普通に体験している風景が、もっともっと豊かな風景にふくらまされていたように感じたものです。
ふつうの学校の廊下だって、そこにぼくたちの思いが詰まっています。
でも、日土小学校の廊下には、そこで過した人たちそれぞれ別々の思いがもっといっぱい詰まっているのではないか、と感じたのですね。

今回の課題を通して、ぼくがまず知りたいと思っているのは、今の学生たちが、町のなかのどんな場所に、彼ら彼女らのいろいろな思いを込めているのか、ということです。その場所というのは、必ずしも「好きな場所」というのではなくて、いまの自分の生活をシンボライズする場所、といった方がいいかもしれない。
もっと簡単に言えば、自分(たち)の今の生活をテーマとして、自分(たち)を主人公とする映画を撮るとして、そのなかの重要なシーンとして使ってみたい場所、ということ。

いまの学生たちにとって、どんな風景がヴィヴィッドなのかな。

対話編10 花→青 05

2010年8月28日 23:32【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。
「風景から建築へ」と言ったときに関わってくる問題を、ランドスケープというか外部空間と建築との関係というふうにとらえることもできるような気がします。これまでに取り上げた事例にも、もちろんそういう問題が含まれていますが、今日、今月の『住宅建築』(10月号)の「堀口捨己の思想的背景」という特別記事の中の、磯崎さんの「一本の線、一枚の壁、一組の立方体」という文章を読んでいて、とくにそう思いました。

磯崎さんは、有名な岡田邸(1933)の洋風の部分と和風の部分を区切る「一本の線」、秋草の庭の背景を成すコンクリートの「一枚の壁」、それに洋風の部分の中に隠れていたコンクリートの「一組の立方体」、それらによって、堀口は「日本という問題構制」と立ち向かったと書いています。「一枚の壁」については一般にもよく取り上げられるわけですが、今回磯崎さんは、最後のRCのフレームについてはこれまで意識しておらず、藤岡洋保『表現者・堀口捨己―総合芸術の探求 』(中央公論美術出版)のなかに描かれているアクソメ図で気づいたとのことで、とくに強調していました。近代の圧倒的な制度としてのコンクリートの立方体フレームを、堀口は、岡田邸の中に見事に「隠蔽」したというわけです。

でまあそれはともかく、あらためて岡田邸の8畳間から池と芝庭を見た有名な写真を眺めていると、これこそ「風景」を考えることで「建築」を作った例に思えてきたわけでした。
okadatei.JPG
構成的なコンクリートの壁、その間を埋める草庭と芝庭と水と玉砂利、そしてそれらに重なる畳とシンボリックな木の丸柱。まさに、西欧的な近代と日本の伝統という問題を掛け合わせるとはどのようなことかという思索の果てに生まれた「風景」が「建築」になっている、ような気がします。

つまり、「風景」をどこかからもってくるのではなく、「風景」と「建築」を、若干のタイムラグを置きながらも(前者が後者より少しだけ先)、ほぼ同時に、自分の頭の中で構築しているすごさ、ということです。

こういう思考の現代版、見たいです。

対話編10 花→青 04

2010年8月27日 00:48【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。
夏休みで時間があるのをいいことに、恥を忍んでひとり投稿を続けています。
間違いを矯正する機会がないので結構な恐怖感。誰か相手して(笑)。

いちおう「風景論」なるものを話題にはしておきましょうね。
いうまでもなく、「風景論」はいろいろな領域にあります。
アマゾンやグーグルに「風景論」と入れて調べりゃいいわけですが、学生諸君への情報提供の意味も込めて、思いつく本の一部を書いてネタを提供しておきましょう。

まずは建築や土木分野。
ここでは、特に最近、土木や都市工学系の分野から、すでに書いた「建築から風景へ」路線での具体的な分析や提案が多いよね。
中村良夫の一連の風景学。『風景学入門』(中公新書)が最初かな。最近のものでは『都市をつくる風景』(藤原書店)。西村幸夫の一連の研究や実践はもちろんだけど、読みやすいものとしては『西村幸夫風景論ノート―景観法・町並み・再生 』(鹿島出版会)。中川理の『風景学 -風景と景観をめぐる歴史と現在-』(共立出版)は、「風景」を巡る議論のいろんな枠組みを見渡すのに便利です。
一方、建築分野では、増田友也(『増田友也著作集 IV 風景論 存在論的建築論』等)に代表される京大系の一連の難解な思索型の議論がありますが、正直言って僕はきちんとは読んでいません。
もちろんこれ以外にも、槇文彦や陣内秀信らの東京論・江戸論、京都に代表される景観論争論等々、いっぱいあるわけね。

文学や評論の分野でも「風景」は重要なキーワード。
志賀重昂『日本風景論』(岩波文庫)は代表的な古典。評論家たちも「風景」という言葉を手がかりに、さまざまな文学作品を読み解いてきた。奥野健男『文学における原風景―原っぱ・洞窟の幻想』(集英社)は建築界ではあまりにも有名。加藤典洋『日本風景論』(講談社学芸文庫)等)、切通理策・丸田祥三『日本風景論』(春秋社)等々、「風景、文学」でアマゾンに入れればいろいろな本が出てくる。

社会学方面でもいっぱいある。
まず手にするなら、佐藤健二『風景の生産・風景の解放―メディアのアルケオロジー』(講談社選書メチエ)あたりからか。佐藤さんとは教養課程の頃の読書会で身近に接したことがあるが、思えばあの頃から空間的に社会を見る人だった。これも「風景、社会学」×アマゾンで調べてみよう。

写真の分野も興味深い。写真論という分野は、作品も批評もすべて風景論じゃないかと思うくらいだ。
荒木経惟のすべての活動、森山大道『犬の記憶』(河出文庫)、中平卓馬『なぜ植物図鑑か』(ちくま学芸文庫)等々、もちろんきりがない。
僕が初めて「風景」を抽象的にとらえるということを意識したのは森山大道の写真を見たときだったかもしれない。中学生の頃、写真部の暗室で白黒フィルムの現像や引き伸ばしをやっていた。その頃買った『アサヒカメラ』で初めて森山大道のいわゆる「ブレボケ」写真を見て、なんのことやらわからなかった。どう撮ればすればこんなにブレたりボケたりするのか、そもそも何のためにそんなことをやるのか、田舎の中学生には見当もつかなかった。1970年代の初めのことだけど何の写真だったかな。ただ、ともかく街の「部分」を思い切りアップした粒子の粗い白黒写真が、なぜか街「全体」を感じさせることの不思議さくらいは感じたからか、自分でも真似をして商店街の閉じたシャッターなんかを撮ってみたけど、もちろん似ても似つかぬ写真だった。

ところで、いうまでもないことだけど、今回僕らが考えなくてはいけない問題は、「風景」論ではなく、「風景から建築へ」論。こんな言葉を書き連ねていても仕方ないよと青木君には叱られそうだ。まあこういう本たちは、「風景」の捉え方の参考まで。

では、「風景から建築へ」論はどこにあるか。

磯崎新の「空中都市計画(新宿)」はそうかな。戦後の焼け跡の風景とのコラージュ。
菊竹清訓のスカイハウスや東光園などの上に帽子のような載るHPシェルの屋根は、富士山のメタファーじゃないかと思ったことがあるのですが(たしかスカイハウスのスケッチには遠くに富士山らしき山が描かれている)、だとしたら「風景から建築へ」の実践例?急にマイナーな話ですね。
青木君の『原っぱと遊園地』(王国社)は、まさに「原っぱ」という「風景」から「建築へ」論というわけか。

歴史的にさかのぼっていくと、「見立て」の世界なんかにはいろいろとありそうだ。

洋物を挙げるときりがないけど、ロッシの『都市の建築』(大龍堂書店)や『アルド・ロッシ自伝』(SD選書)、ヴェンチューリの『ラスベガス』『建築の多様性と複合性』(SD選書)、Herzog & de Meuronの『Natural History』なんかは「風景から建築へ」論ではなかろうか。海外の建築家は、案外素直に実践しているのかもね。

以上、役に立ちそうもないメモ。

自分の中にある「風景」で「建築へ」つながりそうなものを思い浮かべてもいますが、またそれは次に。

対話編10 花→青 03

2010年8月24日 23:39【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。授業で使う写真の中から拾い出してじっと眺めてみた。
そこまで。
ams.jpg
venice.jpg
bunnjyou.jpg
modena.jpg
sawaman.jpg
aomori.jpg

対話編10 花→青 02

2010年8月23日 16:01【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。
前便へのおまけ。

5年前、久しぶりに江古田に行きました。僕が住んでいたアパートはなくなっていたけど、あちこちの路地はそのままだった。「東京」というと、僕は、コンクリートブロックやセメント板の塀に挟まれ、アパート1階のすりガラスの窓にテレビの明かりがちらちら映っているような「風景」が一番懐かしい。そのときの写真です。森山邸を雑誌で見たときに思い出したのはこの風景でした。
tokyoroji01.jpg
tokyoroji03.jpg
tokyoroji02.jpg
tokyoroji04.jpg

対話編10 花→青 01

2010年8月20日 17:27【青木淳×花田佳明 対話

青木君へ

花田です。
暑いねー。
今日は8月20日。
いつもなら、お盆明けには秋の気配が漂い始める山の上のわが家ですが、今年はまったくだめ。
特に、L型に突き出し、しかもピロティなので5面が外気に面した2階の僕の部屋は、空間全体が蒸し焼きになったような感じで、夜になっても熱のかたまりのままごろんところがっています。
というようなわけで、頭も身体もぼんやりとしたままだらだら書き。
例年以上の「ああでもないこうでもない」になるでしょうが、お付き合いください。
それにしても昔はこんなに暑くなかったなあ。30度超えると「ああ夏だ」と思ってたもんなあ。地球は大丈夫なのか。

「オープンスタジオ 青木淳と建築を考える」の企画も3年目を迎えました。
「模型から建築へ」「ドローイングから建築へ」というこれまでの課題を通して、参加した学生も僕もずいぶん多くのことを学びました。さらには、青木君の頭の中を垣間みる(たぶん・・)という貴重な経験もすることができたように思います。心から感謝しています。
「模型から建築へ」「ドローイングから建築へ」という課題は、正直言うとね、うまくいかないのではと心配したのです。でも、どちらも「問題」としての面白さに脱帽、という結果に終わりました。
ああいう問題を問題として出題し、その後不安がらないという青木君の姿勢自体が、僕にはたいへんな勉強だったのです。

さてしかし今回は、テーマ決めで青木君もちょっと悩みましたね。
「○○から建築へ」というスタイルは継続することにしたあと、いくつかの候補者を挙げてもなかなか決まらず、そのうち、<「模型」「ドローイング」とモノ寄りのテーマが続いたので今回はコト寄りにしよう>という判断が出て一気に解決。
それでも「記憶」とか「言葉」とか候補者があり、迷ったあげく最終的に青木君は「風景」という言葉を残しました。
僕は、「風土」ほどではないにせよナショナリズムのようなものを感じさせる「風景」という言葉と青木君の組み合わせに驚いたのですが、そのあとすぐに届いた課題文には、「そこに様々なものを感じてきた場所」くらいの意味だとあり、なるほどというか、まあそういうことかと思った次第でした。

「風景から建築へ」。
おそらく普通に考えると逆なんでしょうね。
「建築から風景へ」。
小さな「建築」という単位が集合して、より大きな単位としての「風景」ができる。一般的には「建築」の方が先に出現する。実際、その言葉を副題にした「風景」の研究者などによる『環境の解釈学―建築から風景へ』という本があったりもする。

でも今回の課題は、「風景」が先で「建築」があと。
大きな単位である「風景」を、それを構成する小さな単位としての「建築」へ凝縮せよ、というようなことでしょうか。あるいは、「凝縮」なんていう大げさなことではなく、さらっと「風景」を感じさせるというような?
もちろん、提示する「建築」が取り上げた「風景」じたいの構成要素かどうかはわからない。全く別の時空に置かれることだってあるでしょうし、むしろその方が普通かも。

少なくとも青木君の言う「風景」は、「建築」の加算によって生まれるようなものでもないのでしょうね。
たしかにね。
一見、加算的に見える美しい集落の「風景」も、そんな単純な原理で生まれているのではないでしょうね。

ところで「風景から建築へ」と言われて、僕がまず連想した現代建築は、原さんの自邸とか、アルドロッシの建築とか、SANAAの金沢21世紀美術館とか、西沢立衛さんの森山邸とか、スイスの建築家たちの作品でした。
この中では、原さんの自邸が一番「凝縮」度は高いですね。生まれ故郷の長野の谷間を模した下降する亀裂の空間を挿入し、その谷底で暮らすかのような住宅が生まれている。
ロッシの建物は、その中に立っていると、あたりがまさに「書き割り」みたいにイタリアの都市風景に思えてくる。
金沢21世紀美術館は、SANAAの建物の中で最もわかりやすい建築ですね。金沢という都市の迷路が埋め込まれている、という解釈を許してくれる。
西沢さんの森山邸を見たときは、学生時代に住んでいた江古田の木造2階建アパートから銭湯までの路地の記憶が甦った。
スイスの現代建築は、一番「風景」的存在なんだけど、むしろそれ自体では「風景」の凝縮体とは思いにくく、「風景」の中に置かれて初めて「風景から建築へ」的建築に見えるという逆説も含まれている。

青木君の作品の中ではね、僕には「i」と「G」と「ルイ・ヴィトン」の一連のもの(とくに表参道)が一番「風景」的に見えます。

美しい風景を形成している単位としての伝統的な民家や町家それ自体はどうなんだろうと考えてみると、「風景から建築へ」をテーマとした建築には見えないですね(順序関係からして当たり前かもしれないけど)。
青木君が「風景」の例として挙げた「2階建て木造アパートにくっついている軽量鉄骨の外廊下や階段や、駅前の屋根付自転車置き場」から構想された「建築」って、どんなものになるんだろうね。
石山さんの「世田谷村」みたいな感じ?まさか?
文脈的ということとは違うんだろうなあ。
文字通り「軽量鉄骨の外廊下や階段や、駅前の屋根付自転車置き場」を組み合わせた建築といえば、直島にある大竹伸朗の「I♥湯」や「はいしゃ」???

・・・とか考えているだけじゃあだめだということは3年目ともなるとよくわかる。
「じっさいやってみないとわかんないじゃん」と、ちょうど今、You Tubeの画面で大竹伸朗が言ったぞ。

暑い、もうだめだ。気にせず投稿。