佐藤晋平→山神達彦さん

2010年11月25日 19:02【青・花×登録者 エスキス

こんばんわ。山神さん反応ありがとうございます。
私の学校では1・2年生の時と3・4年生の時とでキャンパスの場所が変わってしまいます。そして私が言っている非常階段は1・2年生の時のものです。
きっと誰しもが1年生のときに初めて製図室にきたときは、今までとあまりに違う世界にワクワクしたと思います。
しかし時が経つにつれ、そこに何時間も居続けることが苦痛になる人も出てきます。そんな時友達に連れられて初めて非常階段に出ました。私はタバコを吸わないのですが、そこには決して広くはない踊り場部分で男4・5人がタバコを吸っていました。言ってしまえばそこは不良のたまり場だったのかもしれません。(こういう場所を見つけるのは大概不良なのかもしれない。)
しかしそこにはどこか心地の良い時間が流れていました。
メインな空間と扉一つでつながるサブな空間として二つが同時に存在することでこの場所の魅力を引き出すことができるのではないかと思っています。

私はいまいちシャッター街というもののことを知りませんでした。なのでGoogleの画像検索で丸五市場と調べてみたら、なんとなく山神さんのおっしゃりたいことがわかった気がしました。
私はアーケード街みたいな場所を想像していたので、もっと大きなスケールだと思っていたのですが、とても狭い道があったり、シャッターが斜めになって道に迫ってきている場所があったりと、思っていたよりもとても面白い場所でした。

私はこの場所に実際に行ってないので、その空気感だとか匂いだとかはわからないですが、きっとこの場所特有の不気味さみたいなものがあるのだと思います。
それはシャッターの奥に何があって誰がいるのか、またはなにも無いのか、というような"見えない何か"によるものなのかもしれません。

この不気味さや、シャッター街特有のスケール感を山神さんがどうやって建築に落とし込むのかとても楽しみです。

佐藤晋平, 2010年11月19日 20:24