エスキス 青→みなさん 01

2010年11月10日 14:39【青・花×登録者 エスキス

包さんのコメントは包さんだけでなく、他の人にも関係あることなので、コメントではなく、「対話篇」の「エスキス」コーナーにて。

包さんは、
「空間性を抽出して、具体的な空間におとしこむべきか、抽象的な空間に表現すべきか、もしくは電話ボックスそれ自体あるいはそれを含んだ何か新しい風景を作り出すべきか、この課題で求められているもの」はなにか?
と聞いています。

ぼくが期待しているのは、具体的な空間の提案です。

それを構想するのに、抽象的な空間(モデル)を必要とすることもあるでしょう。
しかし、それはあくまで、具体的な空間の提案をつくりあげるためのツールとしてです。どんなに面白い抽象的空間(モデル)であっても、それが具体化されてしまうことで、その面白さが失われてしまうのなら、その抽象的空間(モデル)は価値があるとはいえない、とぼくは考えます。具体的されたときにその面白さがときにはじめて、その(背後にあった)抽象的空間(モデル)の面白さが証明された、とぼくは考えるのです。

抽象的空間(モデル)に意味がない、ということではありません。
むしろ、具体から離れずに、具体的な空間を構想するはむずかしいものです。
いわば、抽象的空間(モデル)は、構想のためのエンジンみたいなもの。
エンジンがなければ、車が走らないし、飛行機は飛ばない。
(いや、なくても飛ぶ飛行機、たとえばグライダー、があることはあることにも留意しなければなりませんけれど。)

で、どんな具体的な空間か?

皆さんは、皆さん自身がある感情をいだくことができる、ある特定の風景を、この課題の題材として、すでに探してきました。

だからまずは、
1) その感情が何であるのか
2) その感情を抱くのは、その風景のどんな物的なあり方が関係しているのか
ということを考えてほしいと思います。

そのなかから、どんな(具体的な空間としての)プロジェクトにしたらよいか、それを見つけてほしい。
それが見つけることができるかどうかを含めての課題です。

もしこんなのはどう?というものが出てきたら、是非、この「エスキス」コーナーのなかでそれを見せてください。
むしろ、最終完成形ではなく、そうしたプロセスがこの課題の意義だと思っています。