対話編10 花→みなさん 12

2010年9月28日 11:14【青木淳×花田佳明 対話

後期が始まり、学生諸君とオープンスタジオについてゼミやスタジオで話す機会が増えました。みんなそれぞれ悩んでいます。

応募登録の状況ですが、これまで以上にいろいろな大学や専門学校等から登録があり、強者が集まっているのではと勝手に期待しています。締め切ったあと、登録校、人数等の情報はこのサイトに掲載しますね。

この企画はいわゆるコンペではなく「授業」だと考えています。
とすれば、応募登録とはいわば「履修登録」。そのあと本格的に「授業」が始まり、約1ヶ月後に作品を提出することになる。
この「授業」、しかも「通信教育」にならざるを得ないこの「授業」をどうすればよいかと考えていますが、「受講生」の皆さんも何か希望があればお知らせください。「自習」になったらつまらないですからね。
また、「授業」なら「評価」や「成績」は?とか、「不合格」出す?、「追試」やる?、成績を廊下に張り出す?といった悪い冗談も囁かれていますが、ま、それはそれ。

僕はこの「授業」を、「講義」でも「実習」でもなく「演習」と勝手に位置づけています。非常に特殊な問題を非常に特殊な方法で解く練習。その中からちらりと一般論が顔を出す。神は細部に宿ります。

「履修登録」は30日が締切です。ぜひ多くの若い知性と腕力の参加を!