最終講評会の様子

12月12日に開催された最終講評会の様子をアップしました。
ぜひご覧下さい。

対話篇09 花→青 19

いやあ、ひとつ前の青木君の対話編の書き込みから1ヶ月近く経っていました。
こちらがさっぱりの間に、学生諸君の間の書き込み合戦はすごかったですね。
去年とは全く雰囲気が違うので驚きました。
2、3書き込んではみたのですが、いつの間にか議論についていけなくなって、呆然としているうちに1ヶ月です。

いよいよ今週末、12日(土)が最終講評会です。
神戸芸工大の学生諸君は、3年生は実習課題の締め切りと重なりあせっています。4年生は卒制までまだ時間があり、院生は時間的には一番余裕がある。
「どおーなってるの」と覗こうとしても、見せてくれません。
ま、それでいいですよね。
僕が余計なことを言えば言うほど、きっと青木君の思いからは遠くなる。学生もそのことを知っているのでしょう(笑)。

ところで、『新建築』コンペの青木君の選択と講評はほんとに面白かったね。
ブログにも書きました。
「住宅、映画の世紀を経験して」という、僕にはどうしたらいいのか見当もつかない課題なのに、世の中には優れた才能が潜んでいるものだ。
1、2、3等案はすごいですね。
出題した方も出題した方、それに応えた方も応えた方。
あっぱれ!です。
佳作を含めた全作品に寄せられた青木君のコメントもまさに青木君。
去年のオープンスタジオで感じた印象を思い出しました。
ひと言もけなさない。
どんな球が飛んできても、必ずテーマである「映画」を軸に受け止める。
映画についての青木君の間口の広さがよくわかる。
けなす暇などないわけだ。

学生諸君、12日の講評会もきっとそんな厳しくも楽しいやり取りが飛び交うはず。
頑張ってください。
神戸で待っています。
賞品は青木君が選んだ本です。
すべて到着しています。これもお楽しみに。

最終講評会のお知らせ

遅くなりましたが、最終講評会のプログラムです。
誰でも聴講自由ですので、ぜひ足を運んでください。

神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科オープンスタジオ2009
青木淳と建築を考える」最終講評会 プログラム

2009年12月12日(土)13:00〜 デザイン教育研究センター/1114教室&カフェ

■プログラム
13:00 - 13:10 :はじめに
13:10 - 14:40 :前半プレゼンテーション(1人5分)&講評
「persistence of hole」
 牧野正幸  神戸芸術工科大学大学院 総合デザイン専攻 1年
「palette」
 吉丸貴一郎 九州産業大学 工学部 建築学科 4年
「Wood landscape plan」
 村野哲哉 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 1年
「そこにあるもの」
 山神達彦 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 3年
「ガラスとミラー」
 吉村雄史 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年

14:30 - 14:40 :休憩

14:40 - 16:00 :後半プレゼンテーション(1人5分)&講評
「Daydream-Architecture」
 古家良輔 大阪工業技術専門学校 建築士専科 1年
「ドローイング達の建築」
 南野望 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
「AN ideal」
 鈴木絢 バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイナー専攻 1年
「クウカンはリンカク リンカクはクウカン」
 馬場沙織 神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 4年
「つらなる、そしてかさなりあう 影のドローイング」
 飯田はるか バンタンデザイン研究所名古屋校 空間デザイナー専攻 1年


16:00 - 16:20 :全体講評
16:20 - 16:50 :休憩
16:50 - 17:00 :表彰式(カフェにて)
17:00 - 18:00 :懇親会(カフェにて)

対話篇とは

今回の課題を手がかりに、青木教授と私との間でメールのやり取りをしてみようと思います。どんなことになるか分かりませんが、よろしくお願いします。

茶々を入れてやろうと思う方はぜひどうぞ。
ただし、所属と本名は明記して下さいね。
なお、このブログに関する注意事項はご一読ください。

花田 佳明

最新コメント

QRコード

QRコード