[対話篇 青→花 2]では、はじめますか。

こんにちは。青木です。

花田くんは、「SD」1995年8月号、特集「まちのパブリックスペース」を覚えていると思います。中川理さんと、花田くんと、ぼくとの座談会が掲載されている号です。あれは、座談会と言っても、実際に会って座談会をしたわけではなくて、「パソコン通信」のやりとりでつくった架空座談会でした。今、確認してみたら、タイトルが「オンライン座談会 『公共性』と『表現』を巡って」となっていて、末尾には、ご丁寧にも、「この座談会は1995年6月、電子メールで行われた」と、註がついていました。実際に会って話していないことに引け目でも感じていたのでしょうか。「オンライン座談会」、かっこわるいですね。

95年というと、いま、大学生である人たちからすれば、きっと小学生の頃のことでしょうから、大昔ですね。でも、花田くんやぼくにとっては、「ちょっと前」のことです。というのも、95年というのは、ぼくにとっては、「遊水館」や「潟博物館」の設計が終わって現場に入り、「御杖小学校」の設計がはじまった年です。その頃のことを、ぼくはつい昨日のことのように思い出します。それに、95年は、言うまでもなく、「阪神・淡路大震災」と「地下鉄サリン事件」の年です。あれは大きかった。いやいや、しかし、そのことについて話し出せば、長くなります。やめておきましょう。

ともかく、花田くんが、「東京にいる青木君と神戸にいる僕との間で膨大な量のメールが往復し」と書いていますが、その一部が形として残っているのが、たとえば、この架空座談会なのでした。

この「対話編」は、そんな架空の対話を花田くんと久しぶりにやってみようという企画です。ただ、公開の場というのが、昔の架空座談会のときとは違うことです。読む人の多くは、きっと、課題「模型から建築へ」に取り組まれている(あるいは取り組もうとしている)学生の人たちでしょう。つまり、花田くんとぼくが、学生の前でしゃべっているという構図です。ならば、いっそ、花田くんとぼくの「架空授業」にしますか、これ。

さて、今日は、花田くんが見てくれた展覧会のことから話しましょう。東京国立近代美術館で、6月3日から8月3日まで開催されていた「建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳」展のことです。ぼくが出品したのは、ひとつの住宅(「M」)の基本構想を決めるまでに、事務所で検討の俎上に上がった99個の模型でした。
でも、これらの模型は、今回の課題でぼくが期待している模型とはぜんぜん違う種類の模型です。どう違うかは、おいおい、わかってくださると思いますけれど、今日は、まずは、これらの模型についてコメントしましょう。

東近美に出した模型は、どれもが、ここでどんなことをすればいいのか、その目標を探すためにつくられたものでした。その試行錯誤です。都市部の住宅を設計すれば、だいたい、設計者に残された自由というのは少ないものです。敷地の条件、クライアントの要望、法律による規制、工事費など、それらの間での適正なバランスを考えていけば、ほとんど案が一意的に決まってしまうのではないか、と思われるほどです。もちろん、それら条件のなかで、もっとも厳しいのはクライアントの顕在的また潜在的な要望ですから、それらを無視したり、クライアントに意見を変えてもらうべく説得したりすれば、設計者の自由はだいぶ増えるかもしれません。でもぼくは、そういうことを、しません。
それでは、設計はつまらないじゃないか、と言えば、そんなことはありません。どんなにガンジガラメに思えることにも、きっと思いがけない、いい解決方法があるはずだと思うし、今までの経験では、実際にそうだったからです。目の前の現実のすぐ向こうには、いつだって新しい世界があるはず、という根拠なき確信がぼくにはあります。

ともかく、そういう設計のプロセスでは、まず条件を整理して、それらにうまく答えられる案とはどういうものか、考えます。それから、その案にデザインとして、どんな可能性があるかを考えます。その道具として、模型をつくります。模型をつくると、いくつかの可能性が見えてきます。可能性というか、まあ、その匂いのようなものですけれど。それでこっちの方に向かえば、きっと展望が開けるのじゃないかな、じゃ、こっちに進もう、というような判断をして、案を調整して、また模型をつくります。Mの99個の模型は、そんなプロセスの痕跡でした。
どんな形なのか、どんな空間なのか、そういうことはまるでぼんやりとしているけれど、できあがって、そこにいたら感じるだろう、ぼくにとって「これだ」と思える感覚を感じられたとき、そのスタディが終わります。なぜなら、その感覚はとても強固なものなので、あとは、なにをするべきか、どちらを選ぶべきかなど、そのあと設計で待っているはずのいろいろの判断が、その感覚に照らし合わせることで、きっと首尾一貫して行なえるように思えるからです。

こういうスタディの模型を見て、そこにどんな感覚を持つかは、かなり個人的なものです。花田くんも、「その道具で何を確認しながら前へ進んでいるのか、僕にはとても追体験できません」と書いています。そういうものなのでしょう。
ぼくだって、「何を確認しながら前へ進めばいいのか」、まさにその核をつかむために、行ったり来たりしてきたわけです。つまり、あそこでは、ぼくはまだ、一歩も前に進んでいないのです。つまり、もし、ぼくがこのMで、今回の課題を出すとすれば、それをはじめる敷居にようやく辿りついた、そういうところなのです。

ということで、では、また。

QRコード

QRコード