Education
教育

About us

卒業研究=卒業論文+卒業制作
Education

神戸芸術工科大学 環境デザイン学科では、卒業論文と卒業制作(設計)の両方を必修として課しています。学生は自分の興味をもつテーマについて、所属ゼミの教員の指導を受けつつ研究し、最後の学年を送ります。論文と制作のテーマに関連を持たせるか、両者を別々のテーマで行うかは、自由に決められます。

特に優秀な卒業論文や卒業制作には、大学より「学長賞」(2005年度までは吉武賞)、学科より「環境デザイン賞」「環境デザイン奨励賞」が与えられ、さらに学会やその他コンクールへの応募に推薦されます。

卒業論文
論文を書くことは、自らの関心と課題を明確にし、調査し、読書し、考察し、そしてこれらの課程を通じて一定の成果を導くことです。それには多大な努力を要しますが、その仕上がりの喜びは何ものにも代えられません。これらの研究を通じて、学問というものを垣間みることが出来るでしょう。

卒業制作
論文が終われば、4年間のデザイン実習の総仕上げとして卒業制作に取り組みます。卒業設計では、自分でテーマを決め、場所を選び、企画し、設計し、図面や模型で表現します。最後の仕上げには、下級生も手伝ってくれます。これこそ一生の記念ともなる制作です。