Practice
学科レポート

Activities

学科レポート
practice

ミキシル2013 開催報告

2013/03/20
Update: 2013/03/29 @不破

3月20日(水・祝)、金物の町として有名な兵庫県三木市で「ミキシル~三木のことをもっと知るプロジェクト~」が開催されました。

当日は100名を超える親子連れでにぎわいました。

miki130320_1.jpg

今回は、「集まれ!キッズカメラマン」と題し、

親子でカメラを片手に三木のまちなかに現存する3ヵ所の歴史を感じる建物を巡り、オリジナル写真を撮影してもらいました。


当日は、リニューアルしたまちあるきパスポート『三木国旅券』も配布し、まち歩きに活用してもらえるようにしました。

miki130320_3.jpg

今回の公開スポットは、

・江戸期から明治期にかけて建設された「旧玉置家」

・明治期から大正期にかけて建設された「旧小河家」

・大正期から昭和初期にかけて建設された「旧女学校」

の3つでした。

旧玉置家の様子。

miki130320_4.jpg

旧小河家の様子。

miki130320_5.jpg

旧女学校の様子。

miki130320_6.jpg

参加してくれた子供たちは、思い思いに、時折おとうさんおかあさんの指示を受けながら、、、

精一杯写真を撮っていました!

当日撮影した写真は、「ミキシル写真館in旧小河家別邸」として3月21日~24日の4日間、写真展の形式で一般公開されました。
明治期民家を活用した写真展示が行われ、優秀な作品には「ベストショット賞」などのラベルを貼って展示しました。

「番人小屋」と呼ばれる部屋を掃除し、写真展会場にしました。
miki130320_7.JPG
イベント参加者の皆さんも、写真展にも訪れていただけたようで、
自分の作品が「ベストショット賞」などに選ばれているのを見つけ、歓声を上げていました。
カメラを通して眺める古い町の景色はどのようなものだったでしょうか。
是非来年も別の形で三木の町を紹介できる企画を催すことができれば良いなと考えています。