奨学金制度

奨学金制度は、経済的な理由で修学が困難な人に対して一定の金額を貸与または給付することにより、学業の継続を支援するものです。
奨学金には、学内奨学金(神戸芸術工科大学教育後援会奨学金等)の他、日本学生支援機構奨学金、地方自治体・民間育英団体による奨学金等さまざまあり、その主旨、選考基準、金額、返還の有無等もそれぞれに異なります。

奨学金を希望する場合は・・

奨学金の募集案内はすべて掲示で行います。
各種奨学金により募集時期が異なりますので、希望する人は掲示に注意してください。
日本学生支援機構奨学金について4月には募集説明会を開催します。希望する人は必ず参加してください。

高校で予約進学の手続きをした人は・・

高等学校在学期間中に、大学進学後の奨学金の申請を行い、予約採用候補者となっている人は、4月に「進学届」の提出に関する説明会を開催します。必ず出席してください。

入学以前に奨学金を受けていた人は・・

大学入学前の課程(高等学校等)在学期間中、日本学生支援機構奨学金の貸与を受けていた人で、在学中の奨学金返還猶予を希望する人は、「在学届」を提出してください。

突然修学が困難となった場合は・・

家庭状況が急変したり、天災等で被害を受けたりした場合は、別枠採用にて奨学金貸与が認められることがあります。詳細については、学生生活・国際交流課で相談してください。

本学独自の奨学金制度

この制度は、修学意欲や熱意があるにもかかわらず学費負担者が死亡または、病気・事故による長期入院などにより家計が急変し、修学が困難な者に対して475,000円/年を上限として(年間授業料の2分の1と4分の1の2種類)給付する制度です。
申し込み時期や方法及び審査方法などの詳細については、別途掲示にてお知らせいたします。

谷岡奨学金

谷岡奨学金は、本学の設置母体である学校法人谷岡学園による奨学金で、文化・スポーツ・社会活動の各分野の活動において大学の名を著しく高め、その分野の将来の活躍が期待される人(団体)に対し、その活動助成がなされます。

募集基準
文化・芸術・スポーツ・社会活動の各分野において、世界大会・全国大会に順ずる大会(コンペ)等に出品(参加)し、優秀な成績を修めたもの。
奨学給付金額(返済義務なし)
年額5~30万円(当該年度限り)

神戸芸術工科大学教育後援会奨学金

神戸芸術工科大学に在学する学生で、経済的理由により修学困難な者に対し、学資等の給付を行って学業を継続してもらうことを目的としています。

募集基準
2年次以上に在学し、学業継続と向上を目指し、成績が日本学生支援機構奨学金第一種の基準を満たしており、経済的理由により、修学困難と認められる者。(1年生は後期より応募可)
奨学給付金額(返済義務なし)
年額15万円(前期・後期に7万5千円ずつ給付)

日本学生支援機構奨学金・財団法人等奨学金の種類と内容-2014年度概要-

こちら学部をクリックしてください。

こちら大学院をクリックしてください。

地方公共団体・民間育英団体奨学金および教育ローン及び緊急貸付制度

こちらをクリックしてください。(PDF 192KB)

日本学生支援機構奨学金貸与状況
研究科・学部・学科 第一種 貸与者数 第一種 貸与者数 割合 第二種 貸与者数 第二種 貸与者数 割合
大学院 芸術工学研究科 5 9.4% 6 11.3%
  芸術工学専攻(博士課程) 1 25.0% 0 0.0%
総合デザイン専攻(修士課程) 4 10.0% 6 15.0%
総合アート専攻(修士課程) 0 0.0% 0 0.0%
デザイン学部 94 8.7% 429 39.5%
  ビジュアルデザイン学科 38 10.2% 140 37.7%
ファッションデザイン学科 10 4.7% 67 31.3%
プロダクトデザイン学科 21 8.3% 108 42.9%
環境・建築デザイン学科 25 10.0% 114 45.8%
先端芸術学部 36 7.9% 166 36.3%
  まんが表現学科 2 4.2% 18 37.5%
映像表現学科 4 7.5% 20 37.7%
クラフト・美術学科 4 11.4% 14 40.0%
メディア表現学科 22 10.4% 69 32.7%
造形表現学科 4 3.6% 45 40.9%