インタラクションデザイン研究所

Interaction Design Institute

設立趣旨

インタラクションデザインの活動する領域は、毎日の生活空間から社会的な空間までひろがっています。ひとびとのくらしに密着した地域コミュニティから世界にひろがる情報ネットワークと情報空間までを対象とし、ビジネスとサービス、生産活動・文化活動に関わるあらゆるモノと出来事を扱います。

インタラクションデザインの特徴は、つねに私たちの身の回りからはじめ、モノとヒト/ヒトとコトとの関係を戦略的に捉え、まだ見えぬ未来へ投機的な提案を行うことにあります。その目標は、人間と調和した豊かな生活と環境の構築です。

本研究所は、内外の研究機関および教育組織と連携して、このような新しいデザイン領域の教育教育拠点をめざします。


活動目標

  1. 国内外デザイン組織と共同研究を進め、ネットワークの拠点を構築

    内外の教育機関および企業・研究所と共同して、インタラクションデザインの研究をおこないます。シンポジウムを開催し、国際的な情報とネットワークの拠点を構築します。

  2. スタジオ形式による実験的なワークショップの開催

    内外の教育機関と共同してワークショップを企画開催します。実践的な教育研究と人材育成をおこない、その成果は論文発表および出版などを通じて情報発信します。

  3. デザインの専門領域を横断する教育研究および共通カリキュラムの開発

    従来の学部・学科の領域を横断するカリキュラムを開発します。ワークショップとあわせて先端的デザイン教育のカリキュラムを実践します。また社会が求める領域横断的なデザイン能力を備えた人材育成をおこないます。

新着情報

芸術工学研究機構