沿革

1989年の創立以来、着実に発展を遂げてきました

神戸芸術工科大学(KDU)の創立は1989年。開学以来、時代のニーズに即応しながら、大学院の設置、学科の改組、学部・学科の増設を行うなど、着実に発展を遂げ、現在では1学部・7学科、大学院を設置する芸術系大学へと成長しました。今後も国際都市・神戸から社会を変え、世界に感動を与える「神戸発 デザイナー・アーティスト・クリエイター日本代表」の養成に取り組んでいきます。

1928年2月 学校法人谷岡学園 (神戸芸術工科大学設置母体)が創立
1989年4月 神戸芸術工科大学 開学
芸術工学部
環境デザイン学科
工業デザイン学科プロダクトデザインコース、アパレルデザインコース
視覚情報デザイン学科を開設
1993年4月 神戸芸術工科大学大学院 開設
芸術工学研究科 芸術工学専攻(修士課程)、総合デザイン専攻(修士課程)を開設
1994年4月 芸術工学部工業デザイン学科アパレルデザインコースをファッションデザインコースに名称変更
1999年4月 神戸芸術工科大学大学院 芸術工学研究科に芸術工学専攻(博士課程前期・後期)設置
2002年4月 芸術工学部工業デザイン学科を改組し、芸術工学部プロダクトデザイン学科、ファッションデザイン学科を設置
2005年4月 芸術工学部をデザイン学部に名称変更
視覚情報デザイン学科をビジュアルデザイン学科、環境デザイン学科を環境・建築デザイン学科に名称変更
2006年4月 先端芸術学部
メディア表現学科(写真・CG専攻、映画専攻、まんが・アニメーション専攻)
造形表現学科(造形美術専攻、現代クラフト専攻)を設置
2008年4月 芸術工学研究科 総合アート専攻(修士課程)を設置
2010年4月 先端芸術学部メディア表現学科を改組し、まんが表現学科、映像表現学科を設置
先端芸術学部造形表現学科を改組し、クラフト・美術学科を設置
2015年4月 先端芸術学部及びデザイン学部を芸術工学部に改組し、
環境デザイン学科(環境・建築デザイン学科の改組転換)
プロダクト・インテリアデザイン学科(プロダクトデザイン学科の改組転換)
ファッションデザイン学科
ビジュアルデザイン学科
まんが表現学科
映像表現学科
アート・クラフト学科(クラフト・美術学科の改組転換)を設置芸術工学研究科 総合デザイン専攻、総合アート専攻を改組し、
総合アート&デザイン専攻(修士課程)を設置