ビジュアルデザイン学科

印刷物からインターネットまで、人間の情報伝達を視覚化する。

コミュニケーションを視覚的なデザインに置き換えるのが、ビジュアルデザインです。
多様化する現代のデザインに対応するために5つの専門的なコースが用意されています。
表現に不可欠な基礎や技術を学び、実践を通して専門分野を深く掘り下げていきます。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_vd_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

デザインの基礎となる技能と教養を磨く

ビジュアルデザインの基礎技術・知識の習得を中心にした学習を通じて、ビジュアルデザイン全体の概要を把握します。また、2年次からはじまる分野別の実習に備え、ビジュアルデザインに欠かせないコンピュータスキルと表現方法も学びます。

身につくチカラ

・ビジュアルデザインについての基本知識
・DTP 技術(Photoshop、Illustrator)による表現力の基礎
・さまざまな素材を使った造形力の基本と柔軟な発想力

科目

学科共通科目
・ビジュアルデザイン論
・ビジュアルデザイン基礎
・デジタル表現Ⅰ・Ⅱ
・デザイン文化論
・グラフィックデザイン基礎
・イラストレーション基礎
・Web・モーショングラフィックス基礎Ⅰ
・DTP基礎Ⅰ
・イラストレーション論
・編集発想法演習
特別科目
・フレッシュマンセミナー

上に戻る

2年次

自分の表現を模索し志望するコースを探る

2年次からは専門領域を学びます。めざすコースに関する基礎と、同時に様々な分野を幅広く学び、デザインに対する考え方を明確にして表現に結びつけていきます。また、志望するコースや分野に応じた実習を行い、専門的な知識や技術を深めていきます。

身につくチカラ

・IT技術・ソフトウェア・画材などの専門的知識
・コンピュータによる高度な専門的デザイン力
・モチーフの把握・情報の解釈による創造性の獲得

科目

学科共通科目
・情報編集論
・情報デザイン論
・広告クリエーティブ論
・DTP基礎Ⅱ
・タイポグラフィⅠ
・絵本制作基礎
・プレゼンテーション
・モーショングラフィックス実習
・企画デザインⅠ
・絵本論
・組版デザイン論
・パッケージデザインⅠ
・Web・モーショングラフィックス基礎Ⅱ
・環境グラフィックス
・印刷体験実習
コース専門科目
・ビジュアルデザインA-Ⅰ
・ビジュアルデザインA-Ⅱ
・ビジュアルデザインB-Ⅰ
・ビジュアルデザインB-Ⅱ

上に戻る

3年次

コースごとに専門性を追求“ 社会の目” も強く意識する

選択したコースに分かれ、専門性に磨きをかけていきます。少人数制による教員の指導のもと、多様なツールを駆使しながら高度な表現を追求します。また、産学連携への取り組みや外部コンペへの参加を通し、社会が求めるデザインを意識しながら作品制作を進めていきます。

身につくチカラ

・各コース独自の高い専門性による表現力
・他者に伝えるための豊かなコミュニケーション力
・社会に出て役立つコラボレーション力

科目

学科共通科目
・編集・表現論
・デザインと印刷
・企画デザインⅡ
・ブックデザイン
・キャラクターデザイン
・組版・タイポグラフィ論
・パッケージデザインⅡ
・ビジュアルデザイン実習DTP
・ビジュアルデザイン実習Web
・広告デザイン
・タイポグラフィⅡ
・リアルイラストレーション
・モーション・イラストレーション
コース専門科目
・ビジュアル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ
・グラフィックデザイン演習
・エディトリアルデザイン演習
・Web・モーショングラフィックス演習
・イラストレーション演習
・絵本制作演習
・ビジュアルデザイン総合演習

上に戻る

4年次

4年間の成長の集大成を独創的な「かたち」として表現する

3年間で学んできた知識・技術の集大成として卒業制作に取り組みます。独自に設定したテーマに沿って十分な調査や観察、研究を積み重ね、教員の指導のもと独創的なビジュアル表現に結びつけていきます。作品や論文は、卒業制作展で発表・展示し、大学生活を締めくくります。

身につくチカラ

・ひとりひとりの独自の表現力とスタイルの確立
・多くの人に伝えるための魅力あるプレゼンテーション力
・社会の中でのビジュアルデザインの役割に対する意識と確信ある制作姿勢

科目

特別科目
・卒業研究

上に戻る