まんが表現学科

まんが表現の基礎力である「映画的手法」と「物語」を徹底して鍛える。常に読者に向けて自分の表現を発信していく。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_mm_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

将来にわたってまんがを描き続ける基礎を習得

まんが演出の基本である映像的な演出方法と、物語およびキャラクターの論理的な構築法を学習します。小手先の技術ではなく、将来にわたりまんがを描き続けていくための基礎体力を徹底して習得。まんがの「絵」とは、ストーリーと演出に支えられた「絵」であることの認識を深めます。

身につくチカラ

・一からストーリーを考えるための、「物語」の分析と構成の能力。
・まんがにおける「演出」=コマ割り能力。
・キャラクターの描き方や簡単な背景などの基礎的な「作画」能力。

科目

専門科目
・アニメ史
・まんがデジタルメディア表現基礎実習
・まんが表現基礎
・まんが原論
・まんが表現史
・まんが制作基礎
・コンピュータゲーム(CG) 史
・まんが総合演習
・物語基礎演習Ⅰ・Ⅱ
・視覚芸術基礎
・映画制作基礎
・音響メディア制作演習Ⅰ・Ⅱ
・表現リテラシー
・コミックイラストレーション基礎
特別科目
・フレッシュマンセミナー

上に戻る

2年次

オリジナル作品を作るための作画技術を身につける

オリジナル作品の制作を開始します。このネーム作成時に、どんな作画技術が必要かを痛感することになります。また、映像的な演出方法を確認するため映画作りやWebアニメ・コミック、デジタルでのイラストレーション制作も実施します。2年次修了時にはまんが雑誌の編集者が来校、投稿の水準に達したかを判定します。

身につくチカラ

・物語、演出、作画を統合して作品を完成させる能力。
・背景やディテールなどの完成度を高めるための高度な作画技術。
・映画やweb などの他メディアに触れ、作品に活かしていく能力。

科目

専門科目
・写真史・映画史
・キャラクター制作基礎
・世界観構想論
・まんが作品制作基礎Ⅰ
・映画制作演習
・作画技術演習Ⅰ・Ⅱ
・資料講読
・キャラクターアニメーション制作基礎
・空間構成基礎
・コミック・メディア制作演習
コース専門科目
・まんが企画演習
・まんが作品制作基礎Ⅱ
・イメージ編集演習総論
・イメージ創造演習
・コミックイラストレーション演習Ⅰ・Ⅱ

上に戻る

3年次

投稿や作品展などを通してまんがで社会との接点を作る

学科の総仕上げの学年。1、2年で学んだ物語やキャラクター、演出などの基礎を、「3コース」に分かれて実際に応用していきます。学科オフィシャル雑誌の制作や商業誌掲載を目指したまんがゼミ、Web上でのまんが表現の実践やイラストレーション作品の展示を通してプロに必要な技術、経験を養います。

身につくチカラ

・ストーリーを中心により深い「表現」を作品として定着させる能力。
・合作などを通じ培われる、クリエイティブなコミュニケーション能力。
・デジタル環境での作品制作に役立つ、さまざまな能力。

科目

専門科目
・メディア産業プロデュース論
・デジタルコミック演習
・背景設定デザイン
・まんがゼミ演習
・まんが・アニメーション作品批評論
・コミック背景デザイン
・フルカラー・コミック作品制作
コース専門科目
・まんが作品制作演習Ⅰ・Ⅱ(ストーリーまんがコース、コミック・イラストレーションコースで開設)
・Webコミック演習
・Webコミック特論演習
・キャラクターイラストレーション演習Ⅰ・Ⅱ
特別科目
・まんが表現特別講義

上に戻る

4年次

1年かけて卒業制作を行い自分だけの表現を目指す

進路に対する態度を決め、3つのコースにおいて卒業制作を行います。それぞれが将来を見据えて自分の表現方法を確立し、社会に巣立っていく準備をします。単なる作品制作だけではなく、中長期的な視野を持って「描き続ける」ための持久力を身につけます。どのコースにおいても、自分の「問い」を設定し、その問いに対して調査して考えるというプロセスを踏んでもらうことで、卒業した後も描き続けるモチベーションを持ってもらいます。

身につくチカラ

・テーマを設定し、それを噛み砕いて「作品」にしていく能力。
・読者を意識した本格的な「作品」を描く能力。
・多様化するメディアに応じた作品制作と自己プロデュース能力。

専門科目
・まんが表現特論
特別科目
・卒業研究

上に戻る