アート・クラフト学科

1、2年次には学科の基礎を学び、専門技法を身につけます。 3年次からはそれぞれの表現を展開します。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_ac_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

幅広い学びの中から自分の表現を見いだす

前期は学科共通の基礎学習を通して美術とクラフトについての理解を深めま
す。後期には美術領域またはクラフト領域を選択し、以後は各領域に分かれて
学習します。学年末には作品展を大学内ギャラリーで開催します。

身につくチカラ

・数多くの課題による多様な素材や技法の体験と理解
・多彩な表現法の基礎となる力

科目

専門科目
・アート・クラフト概論
・スケッチ・素描・イメージ
・彫刻基礎
・作品の見方
・美術基礎実習
・クラフト基礎実習
・美術実習A
・クラフト実習A
・ドローイング
特別科目
・フレッシュマンセミナー

上に戻る

2年次

作品制作に取り組むための表現方法を磨いていく

前期は各領域ごとの基礎課程を継続して学習します。後期から各コースに分かれて専門的な技法を学習します。学年末には作品展を大学内ギャラリーで開催します。

身につくチカラ

・専門コースの選択に伴う、より高度な技術力
・自分らしさをより効果的に表現する力
・自由課題に積極的に取り組む主体性

科目

専門科目
・工芸史
・色彩と表現
・日本画技法
・フィギュア技法
・美術実習B
・クラフト実習B
・美術工芸教育論
・フィギュア表現
・版画表現
・宝飾表現
・吹きガラス表現
・陶表現
・絵画演習Ⅰ
・フィギュア・彫刻演習Ⅰ
・美術教育演習Ⅰ
・ジュエリー・メタルワーク演習Ⅰ
・ガラス・陶磁器演習Ⅰ
・模型・フィギュア造形論

上に戻る

3年次

追究するテーマを発見し表現世界を築き上げていく

選択したコースごとにその技法を磨きながら、各自が自分のテーマを見つけ、独自の表現世界を築くことが求められます。学年末には3年生全員が出品する「Egg展」を神戸市内のギャラリーで開催します。

身につくチカラ

・各自のテーマを見つけ、追求することで得られる高度な技術力及び表現力
・「Egg 展」の実施を通して得られる、社会で求められる企画力及び実践力

科目

専門科目
・アートプロジェクト論
・ステンドグラス演習
・釉薬技法演習
・金属造形演習
・絵画演習Ⅱ・Ⅲ
・美術教育演習Ⅱ・Ⅲ
・ジュエリー・メタルワーク演習Ⅱ・Ⅲ
・ガラス・陶磁器演習Ⅱ・Ⅲ
・メディア演習A・B
・フィギュア・彫刻演習Ⅱ・Ⅲ

上に戻る

4年次

個々の能力を最大に生かして集大成となる卒業制作に挑む

美術館などのスペースで開催される卒展「カオス」に全員が出品します。アーティストやクラフト作家、あるいは美術教育関係者として社会へ踏み出す足がかりを築くため、高い表現力を身につけます。

身につくチカラ

・教員による徹底的なマンツーマン指導によって得られる技術力
・プレゼンテーション等による社会に出るための表現力

科目

専門科目
・美術演習I
・美術演習II
・アートワークショップ演習

上に戻る