ファッションデザイン学科

素材づくりからマーケティングまで、ファッションの流れを知る。

「ファッション」にまつわる、ものづくりのあらゆる分野の知識、技術、そして最新の情報が集まっています。自分が目指す方向や進路に必要なものが何であるかを、専門家である教員と相談しながら選択し、段階的に学んでいきます。

4年間で何を学ぶか?【カリキュラム学習の流れ】

curriculum_fd_16

※インタラクションデザインコース対象者には別途専門科目が設置されています。

1年次

幅広い知識を学びファッションの基礎を習得

歴史・文化・環境・工学の大きな流れの中でファッションを捉え、幅広くファッションデザインに関わる基礎的思考法や手法を学びます。自分自身の表現方法を見つけるために、テキスタイルデザインとファッションデザインの基礎を学び、デザインと社会をつなぐ方法論も身につけます。

身につくチカラ

・デザインのためのリサーチと構想する力
・問題提起と解決法を考える力
・基礎描画を元にデザイン化する力

科目

学科共通科目
・ファッションデザイン概論
・民族衣装論
・ファッションデザイン画
・ファッションデジタル表現基礎
・パターンメイキング基礎
・アパレルソーイング基礎
・ファッションデザイン実習A・B
特別科目
・フレッシュマンセミナー

上に戻る

2年次

自分の方向性を探りながら基礎から応用へと進む

学科共通科目で幅を広げ、コース専門科目で応用力を高めていきます。共通科目と専門科目を段階的に学ぶカリキュラムにより自分が目指す方向に沿って履修することが可能です。後期からの演習は特に専門性に関わる内容のため、将来の進路を具体的に考えるきっかけになります。

身につくチカラ

・オリジナリティを探求・表現するための専門的技術力
・テキスタイル素材の様々な加工方法を見つける力
・ブランディングのプロセスと提案する力

科目

学科共通科目
・アパレル素材論
・ファッション企画概論
・ファッションイラストレーション
・ファッションデジタル表現応用
・テキスタイル素材と色彩
・染色加工と表現
・パターンメイキング応用
・アパレルソーイング応用
・リサーチとデザイン
・コスメトロジー
・スタイリング
・皮革デザイン
・応用服装史
・被服人間工学
・ファッションデザイン実習C
コース専門科目
・テキスタイルデザイン演習Ⅰ
・ファッションデザイン演習Ⅰ
・ファッション企画演習Ⅰ

上に戻る

3年次

独自の表現方法を創造して社会との連携でモノ作りを考える

独自の感性を磨くとともに、グローバルな情報メディア社会や産業界にも対応できる専門性の高い技術を習得します。演習では社会に即した課題に取り組み、1・2年次で身につけた知識と技術をさらに発展させ、プレゼンテーション能力を養い、卒業研究へとつなげていきます。また、学内での学びだけでなく、産学連携などを行い、社会に即した人材育成を目指します。

身につくチカラ

・社会に向けたデザイン提案とそのための制作力
・織・ニット・染の基本的な技術の応用力
・地場産業を理解し、新しいマーケットを展開する提案力

科目

学科共通科目
・ユニバーサルファッション
・ファッションブランディング
・ファッションアドバイザー
・服飾美学
・ニットテキスタイル
・ニットデザイン
・織物デザインCAD
・プリントデザイン
・ドレーピング
・アパレルCAD
・ファッション写真
・ファッションと身体表現
・ファッションアクセサリー
・デザインの現場
コース専門科目
テキスタイルデザイン演習Ⅱ・Ⅲ
・ファッションデザイン演習Ⅱ・Ⅲ
・ファッション企画演習Ⅱ・Ⅲ

上に戻る

4年次

テーマを決めて作品や論文を発表独自のファッションを創造する

これまで学んだ知識や技術の集大成として、作品提案の卒業制作または論文形式の卒業論文に取り組みます。作品や論文は、全学科の4年生が開催する卒展で展示やファッションプレゼンテーションを行い、大学生活を締めくくります。

身につくチカラ

・ゼミでの指導による、応用的な専門知識と独自な表現力
・テーマに沿ったコンセプトワークとプレゼンテーション力

科目

学科共通科目
・ファッション空間演出
特別科目
・卒業研究

上に戻る