カリキュラム

やりたいこと、興味のあることを、4年間の学びへ。好きな学びがきっと見つかる。芸工大なら、こうなる。

誰にでも、ひとつぐらいはあるはず。これだけは負けないぞって、胸を張れるものが。あるいは、いつかやってみたいって、心の奥手温めているものでもいい。それが、アナタの個性を伸ばす鍵。まずは「これだ!」と思えるものを探すことからはじめよう。その先に、ワクワクする人生が広がっているから。

環境デザイン学科

リノベーションから建築、ランドスケープ、まちづくりまで、環境デザインの幅広い専門領域を総合的に学びます。基礎から応用まで実社会で求められる知識と技術を習得し、多様なプロジェクトを通して柔軟な思考力を養います。


≫環境デザイン学科を見る

プロダクト・インテリアデザイン学科

1年次は基礎を学び、2年次以降に専門性を高める課題に取り組みながらデザイン力を高めます。また、様々な社会連携プロジェクトに参加しながら実社会で求められる実践力を養うプロジェクトも豊富です。


≫プロダクト・インテリアデザイン学科を見る

ビジュアルデザイン学科

ビジュアルデザイン全般に関する基礎を学び、多彩なビジュアル表現を可能にする5つのコースから希望のコースを選択。各コースで専門性を深め、実践力を身につけます。


≫ビジュアルデザイン学科を見る


映像表現学科

アナログ技術だけではなく、PC を用いた撮影・編集やVFX・サウンドデザインが映像創作を無限の可能性に広げます。映像表現における技術の基礎力の向上のための幅のあるカリキュラムを用意しています。


≫映像表現学科を見る

まんが表現学科

まんがの技術だけでなく、映像制作やグループワーク、またWeb 制作などのデジタル技術も準備されています。様々なクリエイティブな作業をこなすことで、自分の中にどんな可能性=個性があるのかを見つけます。


≫まんが表現学科を見る

ファッションデザイン学科

アイデアを実現するためには、テキスタイルデザイン、ファッションデザイン、ファッション企画それぞれに応じた技術と知識が必要です。個々の感性に基づいた表現を可能とするカリキュラムにより、創造性を駆使して実社会に提案できる力を身に付けます。


≫ファッションデザイン学科を見る


アート・クラフト学科

美術とクラフトの基礎を広く共通で学び、高度な美術領域とクラフト領域へステップアップします。専門性を高める実践カリキュラムが豊富で多様な発想・表現が身につきます。


≫アート・クラフト学科を見る

基礎分野科目

建学の理念である「世に役立つ人物の養成」に則り、これからの社会で求められる、「高いコミュニケーション能力」と「自ら考え行動する能力」を養うことを重視しています。その土台となるのが、“ 基礎” をしっかりと学び、身につけること。各々の専門分野に関する基礎的な知識やスキルはもちろん、幅広い学びのベースとなる一般教養を学びます。


≫基礎分野科目を見る

教職課程

教職課程とは、教育職員(以下「教員」という)を目指す学生が、教員になるために文部科学省の課程認定を受けた大学において、必要な授業科目を履修し、その大学の学部・学科で認定された教科(美術、工芸、工業)の教育職員免許状(以下「教員免許状」という)を取得するための課程です。


≫教職課程を見る


学芸員・博物館課程

博物館法に基づく博物館及び博物館相当施設には、専門職として資料の収集、保管、展示、調査研究、教育普及、レクリエーションなどに資するために必要な事業についての専門事項をつかさどる博物館学芸員を置くことが義務付けられています。


≫学芸員・博物館課程を見る

特別講義

特別講義に関する情報を掲載しています


≫特別講義を見る

カリキュラムアンケート

本学が2011年1~2月に実施したカリキュラムアンケートの結果を公開しています。


≫カリキュラムアンケートを見る