環境デザイン学科

環境デザイン学科の特徴

環境デザインに関わる専門領域を総合的に学ぶ

小さな住宅から大きな商業施設や公共建築、さらには都市や地域まで、私たちを取り巻く環境=空間のデザインについて広く学びます。そして、新しいライフスタイルを創造し、社会に提案していきます。

第一線で活躍する教員による実践的デザイン教育

設計事務所や官庁などで実務経験を積んだ教員が、 実践的なデザイン教育を行っています。教員と学生との距離も近く、アットホームな雰囲気の中で、学びとじっくり向き合うことができます。

人や社会と繋がる空間デザインのプロへ

地域社会と連携したプロジェクトを多数用意し、現実的で柔軟な思考力を養います。これからの社会の姿をリアルに思い描くことができ、課題解決能力を備えたデザイナーを育てます。


主な将来の職業

  • インテリアデザイナー
  • 商業施設や住宅などの内部空間のデザインを中心にした設計に携わります。家具のデザインや店舗企画などに関わることも多い。

  • 建築デザイナー
  • 住宅から公共施設や商業施設など様々な建物の新築や改修の設計に携わります。卒業後、実務経験を経て一級建築士を取得することが望まれます。

  • ランドスケープデザイナー
  • 景観を設計する専門家で、公園や住宅の外構、公共施設など活躍の場は多岐にわたります。自然を形成する生態系についての知識も必要。

  • まちづくりコーディネーター
  • コミュニティや福祉、観光なども含む地域の仕組みをつくる職業。地域活性化において重要な役割を担う人材です。

新着情報

コース紹介

リノベーションコース
古くなった建物を改修し、その機能・構造・設備などを現代的なものに更新して使い続けていこうという考え方がリノベーションです。
≫詳しく見る

リノベーションコース


建築コース
公共建築や商業建築を対象とし、その現代的な設計手法や設計理論、プレゼンテーション技術などを総合的に学びます。
≫詳しく見る

建築コース



ランドスケープコース
単なる経年変化ではなく、生態的な変化や人々の活動によって豊かさを増した、未来の風景をイメージすることが大切です。
≫詳しく見る

ランドスケープコース


まちづくりコース
まちづくりとは、建物、道路、公園などのデザインだけでなく、人々の活動の仕組みにも注目して、「みんなの空間」をデザインする仕事です。
≫詳しく見る

まちづくりコース