学科横断プログラム#5 《ブリコラージュ実験室 展》

学科横断プログラム #5「ブリコラージュ実験室展」

~イメージ基礎:見る、観察する、イメージする。
+ブリコラージュ実験室。~ 担当:廣中薫(Vd.)
身近な不用品を収集、観察とイメージ、
チームごとに作品制作しました。

開催期間:2017年6月10日(土) –  6月15日(木)
開催時間:9am – 6pm (最終日~3pm迄)
開催場所:神戸芸術工科大学 ギャラリーセレンディップ 左奥 小スペース

【グー・チーム】『ガラクタの逆襲』The counterattack of the galacta

16p0013 加集広樹
17v0063 山下 新
17p0015 五反田 朋花
16v0002 安保みづき

・ガラクタをそのまま使うのではなく分解させたり、形を変えて制作することにより不思議な形を表現した。/ガラクタを分解させたり組み合すことによって全く新しいものが生まれることが面白かった。(加集)
・素材を加工したり塗装したりと工夫して、棄てられたガラクタたちの無念さや怨念を躍動感あふれる形に表現した。(山下)

【チョキ・チーム】『日曜の朝』/

16v0058 横沢拓郎
16v0039 仲村祐香
16v0016 鍵本遼
17v0036 児子友萌

・日曜の朝の爽やかな感じを明るい色を使って表現した。(鍵本)
・お腹すいた→朝食→日曜の朝に発展しました。日曜日ののんびりした雰囲気を暖かみのある色やクレパスなどで表現しました。(仲村)
・お腹すいたから朝ごはんに発展しました。明るく楽しい、日曜日の朝に合うような表現にしました(児子)
・新婚の朝ごはんとゆうことで、少しだけ目玉焼きを焦げさせてました。人間味があって愛らしい作品ができました。(横澤)

【パー・チーム】タイトルは『オモチャ王国!』

16V0004 池澤奈緒
17V0051 松本恭佳
17v0012 小原美紅
16A6023 利川貴生

・手元にある素材どうしを組み合わせて、それらを面白めるように表現した。(利川)
・各自持ち寄ったものがカラフルかつ子供が使うおもちゃのように見えたのでオモチャ王国というタイトルに。色を多く使い、オモチャ王国の楽しい雰囲気を出せるように表現した。(池澤)
・作品の中で沢山のオモチャが生き生きとしているように表現しました。(小原)

『オモチャ王国!』